個人再生の弁護士費用の相場

私は40歳の会社員ですが、自分の借金が約300万円、そして父の事業資金の保証人、父の住宅ローンの保証人にもなっておりました。そんな時、父の事業で不渡りが発生し、父の会社が倒産してしまいました。父は弁護士に相談し、負債が1億円を超えておりましたので、自宅も手放し自己破産する事になりましたが、その後私に債務保証がのしかかってきました。私も弁護士に相談して、自己破産や個人再生など検討しましたが、自宅のマンションが分譲で持ち家だったので、なんとか住むところだけは確保したいという思いで、個人再生を選ぶことにしました。
弁護士に相談してから、様々な収入関係の書類を用意し、個人再生の申し立てをしていただきました。父の保証の中には、当時社会問題になっていた商工ローンの保証も入っていたので、ものすごく不安でしたが、逆に社会問題になっていた為、商工ローン側の対応もやわらかく、恐れていた家族への取立て等もありませんでいした。結果、債権者すべて個人再生の受諾をしていただける事になり、5年間で毎月8万円を返済していきました。弁護士費用については、35万円と相場通りの金額でした。
弁護士費用の支払いタイミングですが、申し立てをしてから返済が止まりますので、可決して個人再生の支払いが始まるまでの半年間、貯金をしておき支払うことができました。
「睡眠負債」を返済する! “寝だめ”はできる? - ホウドウキョク
ホウドウキョク「睡眠負債」を返済する! “寝だめ”はできる?ホウドウキョク最近注目されている「睡眠負債」という言葉。毎日の睡眠不足が積み重なると「睡眠負債」となり、命のリスクにつながることが様々な研究から明らかになってきた。 日本人は世界的にみて睡眠が不足していると言われている。 では「睡眠負債」を返済するためには、日常的に ...「睡眠負債」の返済は計画的に 就寝1時間前からスマホはNGNEWSポストセブンall 4 news articles »(続きを読む)